第1のポイント:過払い金や借金の額が140万円を超えているか否か

  1. 過払い金や借金の額が140万円を超える場合,司法書士には代理権がありません。

    そのような場合に司法書士が代理人として交渉すると,貸金業者から違法と主張され,和解が無効となり,時間や労力が無駄となってしまう可能性があります。

    また,司法書士は,破産や民事再生についての代理権はありません。

    破産や民事再生について,司法書士は書面作成しかできませんので,債務者の方自身が裁判所や債権者との大変な交渉等をしなければなりません。

    弁護士であれば,当然,破産や民事再生の申立てを代理することができますから,そのような煩わしさからは解放されます。

第2のポイント:地元に弁護士事務所があるか否か

債務整理について受任する場合には,原則として弁護士が直接面談しなければなりません。

地元に事務所がない弁護士事務所に相談すると,わざわざ遠くの事務所まで行かなければならない可能性があります。

出張という形で対応する事務所もありますが,あくまでも出張であり,相談できる日や時間がかなり限定される可能性があります。

十分な打ち合わせができない可能性がありますし,問題が発生した場合にしっかりと対応してもらえない心配もあります。

第3のポイント:経験豊富で親切な対応をしてくれるか否か

各貸金業者の対応は,それぞれ異なっており,これに応じた対応が必要です。

経験豊富な事務所は,各貸金業者に応じた対応をしており,早期かつ適切な解決ができます。

当事務所では,これまでに2000件以上の債務整理事件を受任しており,15名の弁護士により日々情報収集を行い,早期かつ適切な解決ができるよう努力しています。

債務整理の相談を考えている方は,長期の返済や厳しい取立て等により,心身共に弱り切っている場合もあると思います。

親切な事務所を選び,心身の負担を軽くしてもらうべきです。

当事務所は,何度でも無料で債務整理の相談をお受けしております。

是非一度ご相談いただき,当事務所の対応をご覧ください。

心グループは,株式会社 心経営,弁護士法人 心,税理士法人 心,司法書士事務所 心,株式会社 心保険の5つの系列企業で,お客様をトータルサポートいたします。

お問合せ・アクセス・地図 メールでのお問合せ

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。

女性弁護士・女性スタッフによる対応をご希望の方は,その旨ご記入下さい。

(※東京駅法律事務所では,現在,女性スタッフによる対応を行っておりません。
女性スタッフによる対応を希望される方は,名古屋駅法律事務所等,他の事務所をご利用ください。)